×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国際特許事務所 東京 新宿

国際特許事務所って何するところ?という素朴な素人の疑問を記事にしてまとめてみました。

国際特許事務所について

国際特許事務所 東京 新宿

このホームページでは、特許事務所に対して初心者(特許素人)が抱くであろう疑問に関して纏めています。
特許事務所の全体像がこのホームページを通して読むと掴めるようになると思います。
 
皆さんは、特許事務所の扱う事が出来る業務範囲や「国際特許事務所と特許事務所」の違いなどをご存知でしょうか?
私は、最初漠然としたイメージしか描けませんでした。
 
特許事務所には、「特許」という文字がついてますが実際には特許だけでなく、「実用新案」・「意匠」・「商標」等も業務範囲として扱っております。
この「特許・実用新案・意匠・商標」の御四家の権利をを合わせて工業所有権と呼びます。
さらに、この工業所有権と著作権を合わせた権利を知的財産権と呼びます。
 
このホームページでは、知的財産権の中の工業所有権の内の特許と商標について取り上げています。
実際には、特許事務所では特許と商標以外に実用新案と意匠も扱いますので、頭の片隅に入れておいて頂けたらと思います。
 
特許というのは発明に対して与えられる権利ですが、「発明」が何なのか貴方はお分かりでしょうか?
発明とは「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち、高度なもの」と定義できます。
 
自然法則とは、学校で習った化学の法則や物理の法則のことです。
技術的思想とは、実施可能性と反復可能性を備えた技術のことです。
創作とは、自然法則の発見では無く、自然法則を組み合わることで生まれる「創出」を指します。
 
自然法則を利用し、実施可能性と反復可能性を備え、発見では無い創出である技術的な思想のうち、高度なものが「発明」です。
高度で無い技術的思想は「考案」と呼ばれ、「発明」とは区別されます。
考案は、実用新案として保護されます。
これが、特許と実用新案、発明と考案の違いです。
 
貴方が発明だと思っているものが、実は考案である可能性はおおいにあります。
ゆえに、一度は無料で相談にのってくださる国際特許事務所などに相談してみると良いでしょう。
 
いずれにせよ、先ずはこの「国際特許事務所 東京 新宿」を通して読んで頂けたらと思います。
特許事務所の全体像を掴んでから、ご自身が発明だと思っているものが発明なのかを特許事務所に相談されると良いでしょう。
 
基本的には、日本国内だけに対応出来る「特許事務所」では無く、海外の特許にも対応出来る「国際特許事務所」に相談されたほうが、貴方に必要な情報がモレなく得られると思います。
最後に海外の特許にも対応出来る東京都新宿区の国際特許事務所(日本全国に対応らしい)を紹介しておきます。
特許のプロ中のプロな弁理士さんなので、頼りになると思います。
 
特許事務所 東京都新宿区の国際特許事務所
http://www.matsuda-pat.com/
 
特許申請の流れ 無料相談あり
http://www.matsuda-pat.com/tokkyo-nagare/
 
特許出願の方法 無料相談あり
http://www.matsuda-pat.com/tokkyo-houhou/

 
国際特許事務所関係 外部リンク
有益情報

SEO対策 SEO対策会社 Yahoo SEO SEO業者 Google SEO SEOサービス Bing SEO 被リンク SEO Yahoo SEO対策 Google SEO対策 Bing SEO対策