×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国際特許事務所 東京 新宿

国際特許事務所って何するところ?という素朴な素人の疑問を記事にしてまとめてみました。

国際特許事務所について

特許事務所と費用の関係

「もしも私が弁理士になり、特許事務所を開いて成功したいなら」と考えてみました。
特許事務所を開くにはどのくらいの費用がかかるのだろう? どのくらいの報酬が得られるのだろう? 
そんな疑問を解決するため、まず弁理士試験の受験費用から調べてみます。
 
受験費用は12000円 とされていますが、改定の可能性もあるようです。
また、一度で必ず合格できるとは限りませんし、3回、4回の受験は当たり前という世界みたいです。
さらに、弁理士試験合格のために、資格スクールに通うとなると、それなりの受講料もかかりそうです。
 
さて、無事に弁理士になれたとして、特許事務所を開くための費用を考えてみます。
「自宅を事務所としてスタートする」という方法を選ばれている方もいらっしゃるようです。
特許事務所を自宅で開く場合は、電話・FAX・インターネットなどの顧客との連絡手段を確保する費用、一般事務や経理事務のためのソフトウェアをそろえたり、場合によっては事務員さんを雇ったり、経理事務をアウトソーシングするなどの費用が必要となります。
とはいえ「自宅で開業するなら、そんなに費用もかからないんだ」と思えますよね。
 
「自宅を事務所にして開業」という方法は、行政書士・司法書士・ファイナンシャルプランナーなど、あらゆる分野で増えている方法ですので、特許事務所の開業費用を抑えたいなら、参考になる方法ですね。
そして、弁理士業務の費用として「顧客から受け取ることができるのは、いくらぐらい?」ということが問題になります。
そこまでの初期投資をしても、はたして商売が成り立つのか? ということです。
 
「年収1000万の弁理士」はいっぱいいるそうです。
中には3000万から4000万といった報酬を得る弁理士もいるそうですよ。
すごいですね。
自宅事務所からスタートできて、様々な夢が広がる分野なのですね。

 
国際特許事務所関係 外部リンク
有益情報

SEO対策 SEO対策会社 Yahoo SEO SEO業者 Google SEO SEOサービス Bing SEO 被リンク SEO会社 Yahoo SEO Google SEO Bing SEO ブログSEO ホームページSEO